サプリメントを摂取してイキイキライフをenjoyしましょー

笑顔の女性

健康の鍵を握る物質です

ガッツポーズする男性

食事療法も増えています

最近はセロトニンの量を増やす食事療法などが注目を集めつつあります。セロトニンを多く含む食品として、チーズや納豆などの発酵食品が挙げられます。その他にも魚類やナッツ類、卵などが挙げられます。これらはセロトニンを増やすトリプトファンが多く含まれるとされています。以上のような食品を積極的に摂取する食事療法が近年臨床治療において取り入れられています。今後、このような方法がもっと普及していくことが考えられます。近年はセロトニンを増やすサプリメント商品も増えてきました。サプリメントは手軽にセロトニンを摂取できるため、近年サプリメントを利用する人も増えています。また、それに伴いこういった商品も今後増えていくことも考えられます。

様々な病気があります

そもそも、体内のセロトニンの量が少なくなることで様々な病気にかかりやすくなります。代表的な病気として、うつ病があげられます。そのため、うつ病の治療として、セロトニンを再取り込みするタイプの抗うつ剤が使用されています。その他に、自律神経失調症や過敏性腸症候群が挙げられます。特に過敏性腸症候群に関して、ストレスの影響で下痢や便秘などの腸の異常が起こるとされています。したがって、過敏性腸症候群の治療薬として、腸の調子を整える薬だけでなく、抗うつ剤も使われることがある上、心療内科でも治療が行われています。また、セロトニンは睡眠の質を保つ働きもあるため、セロトニンが減少すると睡眠にも影響が出やすくなるとされています。